HOME > FAQ

◆ロータスダイナミック呼吸法、よくある質問と答え

その他のお問い合わせ→ 




 

Q1.どのような呼吸法ですか?

A.ロータスダイナミック呼吸法は肺活量をいっぱいに使う実質的な呼吸のトレーニング法です。実習者の方の体力に応じ心肺能力を徐々に高めて、体力と持久力、細胞の免疫力などを向上します。慣れてくると丹田に意識を置きながら呼吸法を行うようになり、丹田の生命エネルギー源をより強化していくことができます。

▲ ページトップへ


 

Q2.呼吸法だけで健康になるのですか?

A.ロータスダイナミック呼吸法は、様々な他の呼吸法や健康法の中でも高度に効果が得られるでしょう。しかし、健康やアンチエイジングとは普段からの健康養生の姿勢が大切ですので、呼吸法だけをやれば良いということでなく、あくまでもご自身の日々の健康養生の一環として取り入れることで、呼吸法の効果を充分に得て頂きたいと思います。

▲ ページトップへ

 

Q3.呼吸法を始めて効果はどれくらいで得られますか?

A.一般的に実習し始めに、もともと健康な方よりも身体に不調のあった方のほうが効果を早く実感しやすいでしょう。身体がもともと健康な方は呼吸法の段階も進みやすく、呼吸力を向上させ丹田の生命エネルギーを飛躍的に高めることが可能です。もちろん、始めに身体の不調のあった方も時間はかかりますが、いずれ同じ効果を得ることが出来ます。

▲ ページトップへ

 

Q4.ヨガや他の呼吸法、スポーツと並行して実習できますか?

A.可能です。但し、呼吸法は運動量も比較的大きく、繊細な呼吸筋群を鍛えますので、順序としては最初に呼吸法を実習し、その後に他の技法やスポーツ等を楽しんで下さい。他の運動の後に呼吸法を行うと呼吸法が苦しくなったり、良くできない場合があります。逆に、呼吸法を行った後の運動であれば身体が疲れにくいなどの効果も実感できるでしょう。

▲ ページトップへ


 

Q5.丹田とは何ですか?

丹田とは臍下三寸にあるといわれる生命エネルギー源のことです。武道や禅などでも身体の重要な鍛錬部分とされており、宇宙や大自然から生命エネルギーがもたらされる身体の最も大切なセンターのことです。

▲ ページトップへ


 

Q6.呼吸法が丹田を鍛えることができるのはなぜですか?

身体に呼吸をさせている力は生命エネルギーです。そして主に、丹田が生命エネルギーの基地局となっています。呼吸法を行うことで、生命エネルギーの丹田への流入を効果的にコントロールすることが出来るのです。結果として丹田から身体へのエネルギー分配も増大し、強化されていくことになります。

▲ ページトップへ

 

Q7.生命エネルギーとは何ですか?

宇宙生命エネルギーとは、万物が創造されるための源のエネルギーです。このエネルギーから、五大、つまり地・水・火・風・空という万物の宇宙の基本的な五つの元素が生まれました。私たちの身体も、地・水・火・風・空の元素から成り立っています。生命エネルギーを高めることが私たちの身体の健康とアンチエイジングにとっては大変に重要となるのです。

▲ ページトップへ

 

Q8.高齢者や子供にも実習が可能ですか?

A.可能です。ロータスダイナミック呼吸法は実習者の方の体力や身体状況に応じて、やさしい段階から高度な段階の呼吸法まで無理なく実践することができます。

▲ ページトップへ


 

Q9.ガンが呼吸法で治るというのは本当ですか?

A.ガンが治ると断言はできません。しかし、実際に末期のガン患者の方が呼吸法を健康養生の一環として取り入れて克服された例があるということです。ガンは新鮮な酸素を取り込み、体力や免疫力を高めることや、食生活を工夫し体質を変えていくこと、疲れやストレスのない生活を心がけることなどで改善に向けることも可能といわれます。呼吸法はそうした養生生活の中に、丹田を鍛え生命エネルギーを高めることをプラスしていくものと考えてください。ガンやその他の病気の方も、改善や克服に向けて励んで頂きたいと思います。病気を治すことができるのは何よりも、ご自身の生命力です。

▲ ページトップへ

 

Q10.アンチエイジングに良いのはなぜですか?

A.呼吸法によって心肺機能が向上すると血液循環が著しく改善され、内臓の働きも充実し、消化、代謝、解毒などの生理機能が向上するからです。また、ロータスダイナミック呼吸法の特徴として、身体細胞の生命エネルギーを高めるための呼吸法の他に、生命エネルギーを長く保持するためのリバランス呼吸法を実践します。年齢を積み重ねても若々しい身体を維持していくことができるでしょう。

▲ ページトップへ

 

Q11.ずっと習い続けないとなりませんか?

A.各トレーニング毎に6ヶ月の期間を目安としています。ひとつのトレーニング段階につき、6ヶ月以後は独習キットで実習することも可能です。6ヶ月以内に各段階を修了される方もいます。呼吸法の各段階を上げて実習れるには月謝会員を継続されてください。尚、退会はいつでも自由です。

▲ ページトップへ


 

Q12.呼吸法の全段階を修了することは難しいですか?

A.ロータスダイナミック呼吸法は、ベーシックからマスターまでの5つのトレーニング段階をご案内しています。すべての段階をクリアーしなくても、ベーシックの修了、またはアドバンストの実習段階で充分に健康やアンチエイジング効果が得られます。より専門的に体得することや、呼吸法の指導者を目指す方にとっては、例えば何かの資格を習得することや、楽器を練習する等、物事を専門的に学ぶ姿勢が必要となるでしょう、それは難しいものではなく情熱があれば楽しく学んでいけるものです。

▲ ページトップへ


 

Q13.ロータスダイナミック呼吸法の指導者になれますか?

A.呼吸法の指導者には、アドバイザー、ティーチャー、トレーナー等があります。はじめから呼吸法の指導者を希望される実習者の方もブレスドージョーでは募集しています。

▲ ページトップへ

 

Q14.実習する上で、基本的な規則はありますか?

A.実習前は、必ず空腹状態であること、睡眠不足のないこと、適度な水分を摂っておいてください。

▲ ページトップへ


 

Q15.呼吸法をするのでタバコはやめないとなりませんか?

A.基本的に身体に良くないものは避けるようにしましょう。しかし、呼吸法をするにあたり急に禁煙や、または禁欲などを強いる必要はありません。実習をしていくうちに、生命エネルギーが蘇り向上することで、自然に身体に良くないものを避けられるようになって来るでしょう。

▲ ページトップへ


 

Q16.日課として続けられる自信がありません。

A.呼吸法は、週4日は実践して頂きたいです。しかし日課というものは頭で決心するよりことよりも、身体が良いものだと認識すれば自然に身体が日々実習を求めるものです。まずは体験してから、継続の判断は身体感覚に任せてみると良いでしょう。